オリックス銀行カードローン

MENU

審査時に嘘をついてしまうと

仮審査を受けても、キャッシング審査に通るかどうか不安になるものです。そんな時に最もやってはいけないこと、それは嘘の申請をすることです。住所年齢収入など、不安のある項目をつい大きく見せようとする方は、必ず後々に痛い目を見てしまうので、キャッシングの審査時には必ず正直に伝えるようにしましょう。

 

住所や氏名に関しては、身分証明賞も提出しなくてはならないので嘘をついても無意味です。当然嘘をつくとその時点で落ちてしまうので、必ず正直に記入しましょう。また、職業に不安があっても、嘘の勤務地を伝えてはなりません。ほとんどのキャッシングでは在籍確認の電話を行うので、確実にこちらもばれるでしょう。

 

もしも、仮に審査に通ったとしても、その後ずっとばれない可能性はかなり低いはずです。こちらの情報は調べればすぐにわかってしまいますし、利用停止にもなりかねません。もちろんすべての返済を終えさせられてからの利用停止なので、こちらに旨みは全くないのです。

 

一つもいいことはないので、嘘の申し込みをせず正直に申し込みましょう。仮に落ちたらより自分に合っていそうなキャッシングを選べば、どこかで借り入れできるはずです。最悪の一手となりかねないので、十分に気を付けましょう。
審査は正確に正直に受けるべきですので、専業主婦で借り入れ先が見付からない、嘘を書いて申し込みをするぐらいならイオン銀行カードローンの主婦融資を利用すべきです。